新潟市立両川小学校  教育目標 「感謝 感動 輝き」
〜 両川を誇り、挑戦しつづける たくましい子 〜 合言葉「 チャンス チャレンジ チェンジ 」 

両川小学校


  誕生して10年目
  地域とともに歩む学びを
 
進めています


学級数・児童数

     学級数 7 
    全校児童 116名

 
 
地域で栽培の盛んな
  梨の花粉付け体験(4月)

虹色班活動
思いやり合いながら,  活動しています  ふれあい委員会主催   縦割り班遊び

学校教育ビジョン
2019年度年間行事予定
いじめ防止基本方針

新潟市立両川小学校 

〒950-0324
新潟市江南区酒屋町
687−1

TEL.025-280-2046

FAX.025-280-6751

E-mail. e404ryo-kawa1
 @city-niigata.ed.jp


 
いのちを守って楽しい夏休みに!
 じめなし!SNSも凶器になるよ
 
りもの注意!交通事故にあわない起こさない
 
ょっと考えよう!人の気持ちや約束・ルール
2019年8月1日(木)
西海岸公園市営プールで輝く ultra soul!

8月1日(木),第54回 新潟市小学校水泳競技記録会(参加児童768名)が,西海岸公園市営プールにて開催されました。当日の最高気温は33度,水温も30度を超える悪コンディションの中,5年生2名,6年生2名,合計4名が参加し,自己ベストに挑みました。結果は次の通りです。※敬称略

5年男子50M自由形‥阿部奏音42”28
5年女子50M平泳ぎ‥矢部結衣香39”46(1位)

6年男子50M平泳ぎ‥青木瑛太朗51”10
6年男子50M平泳ぎ‥遠藤真心44”68

私の頭の中で何度も「ultra soul(B‘Z)」が流れる中,子どもたちはみな,力強く自分のゴールに向かって泳ぎ切っていきました。輝く!戦う!羽ばたく!4名のultra soulをしっかりと心に刻みました。みんな,よく頑張りましたね!この経験は,今後の生活に必ず生きることでしょう。どうか胸をはってください。保護者の皆様,この度もまた,子どもたちへの熱い声援とバックアップをありがとうございました。心から感謝いたします。

2019年7月26日(金)
ビッグスワンに躍動した両川魂!

7月26日(金),第50回記念 新潟市小学校陸上競技記録会 東地区大会がデンカビッグスワンスタジアムにて開催されました。当日の最高気温は32度と,決していいコンディションではありませんでしたが,5年生11名,6年生12名,合計23名の児童が参加し,他校の児童としのぎを削りました。結果は次の通りです。※敬称略

5年女子100M‥矢部結衣香15”85 熊倉佑季17”39
5年男子100M‥藤田悠生16”15 吉田星太15”88
5年女子80MH‥佐久間志織17”70 多田綸17”21
5年男子80MH‥井上弘毅17”06 藤田将翔17”76
5年女子走幅跳‥宮北逢衣347cm(5位)
5年男子走幅跳‥吉田流太355cm(8位)
5年男子走高跳‥金子大器118cm
5年女子4×100MR‥宮北・矢部・多田・佐久間1’02”94
5年男子4×100MR‥藤田・井上・金子・吉田流1’01”14

6年女子100M‥佐久間心晴14”44(2位) 小野梨央16”54
6年男子100M‥北上英琉13”79(9位) 豊岡佑太16”16
6年女子80MH‥古田島美咲19”97 鈴木由渚19”78
6年男子80MH‥渡邉雄心17”92 遠藤真心16”63
6年女子走幅跳‥藤ア夏美347cm
6年男子走幅跳‥才須虹心431cm(3位)
6年男子走高跳‥青木瑛太朗125cm
6年女子4×100MR‥小野・佐久間・内山りさ子・藤ア1’02”74
6年男子4×100MR‥遠藤・北上・渡邉・才須58”19

他校の児童としのぎを削りましたが,大切なのは「昨日の自分との勝負!」でした。これは,繰り返し子どもたちに伝えてきた言葉です。ビッグスワンという最高の舞台で,当日の体調や緊張感を乗り越えて,誰一人棄権することなく,全員が,昨日の自分に挑めたことは賞賛に値します。子どもたち一人一人の姿から,両川魂を十分感じ取ることができました。リレーのチームワークも素晴らしかった。大変感動すると共に,子どもたちの姿を誇りに思いました。みんな,よく頑張りました!この経験を通して得たことを,今後の生活にも生かしていきましょう。最後になりますが,保護者の皆様,子どもたちへの熱い声援とバックアップをありがとうございました。心から感謝いたします。

2019年7月23日(火)
チーム両川小の底力を見せつけろ!

7月22日(月)は,ビッグスワンにて陸上大会の現地練習,本日23日(火)は,グラウンドにて陸上大会のリレー練習を行いました。参加する23名の5,6年生は皆真剣で,躍動感あふれるバトンパスと,韋駄天のごとき疾走を見せてくれました。見ていて惚れ惚れしました。走り終わった後に自己分析し,修正点を話し合う姿にも感動しました。もちろん,目指すべきは優勝ですが,「勝負は時の運」という言葉もあります。結果がどうなろうとも,陸上大会当日は一人一人が全力疾走し,仲間につなぐチームワークの素晴らしさを存分に見せつけてほしい。心からそう願っています。がんばれ!両川の子どもたち!

2019年7月18日(木)
町探検で地域のステキを見つけよう

7月18日(木)午前中,2年生が生活科の授業として,町探検に出掛けてきました。酒屋商店街で,子どもたちは様々なステキなものを見つけ,写真に撮ったり,文字で記録したりしてきました。例えば,インタビューを通して,「ことしろや」さんの屋号が,日本神話に登場する神様「事代主(ことしろぬし)」に由来していることを発見してきた子どももいました。帰校後すぐに,子どもたちは見つけてきたステキをレポートにまとめ,訪問先にお礼状を書いていました。地域を誇り,地域と共に育つ人に,一歩近づいた町探検でした。引率に際し,ボランティアを引き受けてくださいました田村様,高橋様,横木様,戸松様,むし暑い中,本当にありがとうございました。お陰様で,事故もなく,安全に帰ってくることができました。感謝いたします。

2019年7月17日(水)
全職員で授業力を高める

7月17日(水)新潟市教育委員会学校支援課が計画的に訪問する授業研修会が開かれました。1年生から6年生までの各学級と,たんぽぽ学級の合計7学級で,5時間目の授業を公開し,その後,ご指導を受けました。今年度,全職員共通して取り組んでいるのが「身近な生活の中から学習課題を設定すること」と「既習事項のズレから学習課題を設定すること」の2点です。どの授業も,子どもたちにとって身近な題材を取り上げ,「おや?おかしいな?」という子どもの疑問を大事にしながら構想しました。当日を迎えるまでに,職員同士で授業案を検討したり,模擬授業を行ったりしながら,丁寧に創り上げてきました。そうして迎えた本日,どの教室でも,子どもたちが主体的,対話的に活動し,深く考える姿を見ることができました。指導主事の先生方からも「子どもが生き生きと挑戦する姿があった」「立ち止まって挨拶する子どもの姿に感動した」などと,子どもたちのよさを褒めていただきました。授業検討会では,先生方の授業力を向上させるために,さらに頑張ってほしいことを具体的にご指導いただきました。職員は,今日学んだことを生かし,子どもたちと共に,よりよい授業を目指して取り組んでまいります。新潟市教育委員会指導主事の三條様,竹内様,茂木様,西村様,南様,ご指導をありがとうございました。

2019年7月12日(金)
日本の伝統文化を学ぶ

7月12日(金)6年生は,りゅーとぴあアウトリーチ (公的機関,公共的文化施設などが行う,地域等への出張サービス)で,能楽を学ぶ体験をしました。能楽師の山階彌右衛門様(シテ方観世流)より「能楽は,型・謡・歩き方などによって場面や感情を表現するものである」ということを教わりました。一言で型と言っても,涙を流す悲しい感情,うれしい感情,怒りの感情と3つあり,それぞれ能面と身振り手振りで伝えているのだそうです。能楽がもつ文化と伝統について伺った後,歩き方のこつを教わり,子どもたちは実際に歩いてみました。上半身はなるだけ動かさず,すり足で前に進みます。上半身が上下しないように歩くのは難しいのですが,子どもたちはこつを意識して姿勢よく歩き,山階様よりたくさんの褒めていただきました。日本の伝統文化に触れるよい機会となったようです。山階彌右衛門様,大変ありがとうございました。

2019年7月5日(金)
みんなが輝くスターだ!七夕集会大成功!

7月5日(金)昼休みの時間帯に「七夕集会」を行いました。「願い事(頑張りたいこと,目指す姿,夢など)を発表し合い,お互いのことを知る」というねらいで,総務委員会が企画し,進行しました。学年ばらばらでグループを作り,少し照れながら,願い事を述べ合う姿が微笑ましかった。発表に対して,大きく拍手する周囲の人の姿にも,心が温まりました。「かっこいい図工の作品を作りたい」「足が速くなりたい」など身近な目標を挙げる人,「プロのサッカー選手になりたい」「医者になりたい」など将来の自分の姿を短冊に書く人もいました。みんなが可能性の塊です。きっと,何にでもなれます。どうか明るい未来を思い描いて,各自が努力を重ねてください。みんなを応援しています。書いてもらった短冊は,総務委員会で回収しました。この後,笹の葉につけられるようです。美しい七夕飾りを楽しみにしています。
また,集会の後半では全校で「進化ジャンケン」を楽しみました。ダンゴムシ→うさぎ→ゴリラ→人間→スター と,ジャンケンに勝つ毎に進化を遂げていくというルールです。スターに進化した人は,ステージ上できらきらと光ることができるというゲームで,大いに盛り上がりました。全校が一つになった楽しいひとときでした。総務委員会のみなさん,準備に,進行に,本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

2019年7月3日(水)
豊かな自然,色あせない歴史と文化,魅力いっぱいの佐渡島

7月3日(水)2時間目に,佐渡汽船観光の本間健一郎様をゲストティーチャーにお迎えして,佐渡島の魅力を6年生が学びました。9月11日(水),12日(木)の2日間,6年生が修学旅行で訪れる島です。佐渡金銀山,宿根木,薪能,たらい船,巨大杉,二ツ海水浴場,朱鷺,カンゾウの花,おいしい海産物‥佐渡から思いつくキーワードを挙げてみました。数回訪れた私の経験などほんの入口にすぎません。たくさんの魅力があふれる宝の島です。生活班分けが終わり,いよいよコースを決めていく段階での本日でした。本間ゲストティーチャーに多くの質問が寄せられ,時間をオーバーするほど熱心な6年生の姿が見られました。素晴らしい!今日学んだことを生かして,各班でコースづくりを進めていきましょう。何に興味をもち,どこに,どんな順番で回るのか?皆の意見を一つにまとめていくのは大変ですが,それが勉強です。6年生には楽しく悩んで,最高だ!と自慢できるコースを作ってほしいです。とても楽しみです。ゲストティーチャーの本間健一郎様,お忙しい中,本日はありがとうございました。

2019年6月26日(水)
素晴らしい歌声に聞き浸る

6月26日(水)9時から10時までの1時間,全校で亀田小学校まで出掛け,東京混声合唱団のコンサートを体験してきました。演奏曲はアンコールを入れて14曲もあり,音楽の素晴らしさをたっぷりと堪能しました。
1ハレルヤ(ヘンデル)2やまびこ(ラッソ)3汽車(チャットマン)4箱根八里(滝廉太郎)5花(滝廉太郎)6夕焼け小焼け 7新潟市民歌「砂浜で」 8ビリーブ(杉本竜一)9コンダリラ・滝の精(リーク)10蚊(チャットマン)11ライオンは寝ている 12幸せなら手を叩こう 13翼をください 14夢を叶えてドラえもん
混声だけでなく,曲によっては男声のみの合唱や女声のみの合唱も演奏され,合唱の奥深さに感動しました。特に9曲目の「コンダリラ・滝の精」は,まるで滝の傍らにいて,自然の音に身を委ねているような錯覚に陥りました。とても癒やされました。また,「ビリーブ」は亀田小児童505名+両川小児童116名=621名の大合唱で,元気あふれる歌声に圧倒されました。とても感動しました。やはり音楽は素晴らしいですね!今日得た感動を忘れずに,今度は誰かを感動させられる歌声を一人一人が響かせていきましょう!秋の「虹色音楽祭」に向けて。でもその前に,今月の歌かな。楽しみです。

2019年6月25日(火)
全校体力テスト 昨年の自分を超えられたか?

6月25日(火)2,3時間目を使って,全校体力テストを実施しました。種目は「握力」「上体起こし」「長座体前屈」「反復横跳び」「シャトルラン」「50m走」「立ち幅跳び」「ソフトボール投げ」の8つ。今年から計測補助として,5名のボランティア・スタッフ(小蝸l,田村様,馬場様,北上様,齋藤様)からもご協力いただきました。子どもたちはみな,昨年の自分の記録を超えようと奮闘していました。大切なことは,他者と比べることではなく,過去の自分と勝負することです。過去の自分を少しでも超えることができた人は,自分を誇ってください。成長する一方のみなさんを,私は眩しく,うらやましく感じました。5名のボランティア・スタッフの皆様,お世話になりました。ありがとうございました!

2019年6月24日(月)
大盛況!4年生PTA学年行事

6月24日(月)放課後に,新潟市開発公社スポーツプロモーション課より平原様,後藤様を講師にお招きして,スポーツ玉入れ「アジャタ」を4年生が親子で楽しみました。「AJTA」とは,全日本玉入れ協会の頭文字をとった造語で,競技団体と競技そのものを指します。平成2年8月,北海道上川郡和寒町の「ふれあいまつり」で生まれたニュースポーツです。全部で100個の玉を,6人のプレーヤーが4m12pの高さのかごに,どれくらいのタイムで入れきるかを競うのが基本ルールです。通常の玉入れと違って,玉をまとめて投げ入れるのがポイントとなります。これまでの最速記録は6秒台と,信じられない速さですが,毎年,全日本選手権まで開かれており,知る人ぞ知る競技だそうです。4年生の子どもたちはもちろん,お母さん方も大変白熱して,激しく楽しいひとときを過ごすことができました。筋肉痛が心配ですが,ご自愛ください。新潟市開発公社の平原様,後藤様,大変お世話になりました。ありがとうございました。

2019年6月21日(金)
プールに歓声響く!

6月21日(金)3,4限に1,2,3年生が今年初(令和初)となる水泳授業に臨みました。先生方の十分な事前指導と準備運動の後,プールサイドでは整然と並び,しっかりとバーディーをする姿が見られました。その後,各学年ごとに静かにプールに入り,段階的に水に慣れていきました。3学年が同時に授業展開できるために,自分より上の学年のお兄さんやお姉さんをモデルにできることは,両川小学校の強みです。どの学年とも徐々に水に慣れていき,いつの間にか楽しい歓声が響いていました。水に親しみ,水と遊びながら,各自が泳力向上を目指していきましょう!

2019年6月20日(木)
充実!1年生給食試食会と親子レク

6月20日(木)11時半頃からお昼過ぎにかけて,1年生の保護者を対象とした食育研修会(講師は阿達貴子栄養教諭),親子一緒での給食試食会,親子レクリエーションが開催されました。食育研修会では,阿達講師から「日常の食事内容や食事作りの大切さ」についてお話がありました。具体例を交えながらとても分かり易いお話で「料理は技術です」という言葉が印象に残りました。給食試食会では,親子で楽しくソフト麺ミートソースを食べる姿が微笑ましかったです。最後の親子レクでは,昔懐かしい縄跳び遊び「大波小波」で盛り上がりました。お母さん方が大縄を回し,1年生が一生懸命に跳ぶ。適度に難しく,みな一生懸命に挑戦していました。最後の,縄をまたぐところが難しいですね。このわらべ歌,調べてみると,各地で様々な歌詞があるようです。「♪大波小波 お回し お回し 猿回し イギリス 日本 三銃士 四(し)なら しっかり まーたーげ♪」が基本でしょうか。保護者の皆様,ご参加ありがとうございました。

2019年6月20日(木)
5年生,順調に体験中!

自然体験学習中の5年生,引率職員の佐久間教頭より,昨日から今朝にかけての様子が伝わってきました。「天候に恵まれず雨の中での活動となりしたが,野外炊さんでは,おいしいカレーライスができるようにと,子どもたちは手を休めず取り組みました。調理場では,火の通りやすさを考えて野菜を切る姿,釜場では,煙に目をしばしばさせながら懸命に薪をくべる姿が見られました。施設内で行った「ハウスゲーム」(屋外オリエンテーリングに代えて)では,子どもたちはグループのメンバーと相談しながら,クイズの答えを探してあちらこちらを巡りました。また,キャンドルファイア(屋外キャンプファイアに代えて)では,一人一人がキャンドルに火を灯し,一日の活動を振り返ったり,全員ダンスで楽しんだりしました。体調不良を訴える子もなく,みんな元気です。これから,2日目の活動に入ります。カヌー体験は川の増水のために見送りとなりましたが,昨日行えなかったオリエンテーリングをみんなで楽しむ予定です。」雨天で予定変更もありましたが,最も心配された余震も起こらず,みんな無事に楽しんでいることにほっとしています。帰校は14時10分,解散は14時半,予定通りです。

2019年6月19日(水)
5年生,自然教室へ元気に出発!

今日と明日の2日間,5年生は,新潟県少年自然の家(胎内市)で自然体験学習です。今日は「野外炊さん」「オリエンテーリング」「キャンプファイア」「ナイトウォーク」と4つの活動を予定しています。明日は「カヌー体験」を行い,14時半に学校で解散予定です。今朝は,全校児童から見送られて,5年生全員がみんな笑顔で出発していきました。最新の天気予報(新潟地方気象台5時発表)によれば,下越地方の今日は「曇り時々雨,降水確率80%」で,明日は「曇り時々晴れ,降水確率10%」ということ。少し残念な予報となりましたが,雨天案もしっかり準備され,しかも改修されたばかりのきれいな施設です。大自然の中で,仲間とともにのびのびと活動し,楽しい思い出をたくさんつくってきてほしいと願っています。他校児童との交流も楽しみですね。ところで,保護者の皆様におかれましては,昨夜の地震の震源地に近づくこととなり,ご心配な面も多々おありかと思います。しかしながら,子どもたちの安全・生命を最優先に,教職員みんなで支えていきますのでどうかご休心ください。なお,緊急事態発生に伴う急な変更や対応等につきましては,学校配信メールでお知らせします。よろしくお願いします。

2019年6月15日(土)
両川保育園運動会から学ぶ

6月15日(土)午前中に両川保育園運動会が当校体育館で行われました。先週の割野こども園に続いて,園児たちの活躍を見てきました。開会の挨拶では年長組の4名が,堂々と意気込みを宣言しました。入場行進でも,一人一人の園児が,自分の名前と各自の目標,たとえば「玉入れを頑張ります!」と宣言しました。自分で目標を定め,それに向かって頑張ることは,幼い子であっても,小学生であっても,大人であっても,共通して大事なことなのだと改めて感じました。成長とは,本当に一歩一歩ですね。また,「バルーン」というお遊戯を初めて見ました。とてもカラフルで,目を奪われました。楽しいひとときでした。

2019年6月14日(金)
新潟地震から55年

5月15日(水)から約1ヶ月ぶりの避難訓練でした。今日は,新潟市に大地震が起こったという想定でした。「新潟市に大地震」とは,みなさんにとって想像しにくいことかもしれません。しかし,今から55年前,昭和39年6月16日13時1分に,粟島南方沖40キロを震源として,M7.5という規模で大地震が発生しました。日本の歴史上,最大級の石油コンビナート災害をもたらした地震で,143基の石油タンクが燃え,その火災は12日間も続いたそうです。地震発生から約15分後には津波の第一波がやってきて,新潟市では高さ4mにも達し,地面がまるで液体のようにグニャグニャになる液状化現象も起こりました。アパートは何棟も倒れ,大きな橋(昭和大橋)も落ちました。その被害は,日本海側を中心に9県にも及びました。この地震による死者は26名,家屋全壊が約2千棟,浸水が1万5千棟以上という甚大なものでした。詳しいことは,みなさんのおじいさんやおばあさんに聞いてみてください。恐ろしさが伝わってくると思います。このように地震は,いつ,どこで,どんな規模で起こるか予想もできません。しかし,一旦起これば,地震は,津波は,容赦なく人間の命を奪っていきます。本当に恐ろしいものです。そのときに,自分の命を守るためにどう行動すればいいのでしょうか?2011年3月11日,東日本大震災の大津波が東北地方沿岸部に甚大な被害を及ぼした中,岩手県釜石市内の児童・生徒の99.8%が,命を落とさずに済みました。中でも,海からわずか500m足らずの近距離に位置していたにもかかわらず,釜石東中学校と鵜住居(うのすまい)小学校の児童・生徒,約570名は,地震発生と同時に全員が迅速に避難し,押し寄せる津波から生き延びることができました。この事実は「釜石の奇跡」と呼ばれています。奇跡が起きた理由は,2つあったそうです。1つめは,避難訓練が常に真剣そのものだったこと。ふざけ半分の生徒は一人もいなかったそうです。釜石市は,過去に3度も大津波に襲われたため,「いのちてんでんこ(津波が来たらそれぞれで逃げろ!)」という教訓が,人々に染みついていました。2つめは,自分で判断し,行動できる力を先生方が育んできたこと。訓練に際しては,いるべき生徒をあえて隠し,そのときにどう行動するかを繰り返し試してきたのだそうです。こうして,先生の指示に従うだけでなく,生徒自らが状況に応じて臨機応変に判断し,行動できる力が育まれていきました。さて,1ヶ月前と同じことを言います。皆さんには「釜石の奇跡」と同様に,どんなときでも慌てず,落ち着いてじっくりと考え,適切な行動をとってほしい。そのための今日の訓練でした。訓練ですらできないことは,実際の場面でできるはずがありません。時間だけで言えば,1ヶ月前の避難時間は3分10秒,今日は2分23秒でしたので,全体として成長が見られ,よかったと言えます。しかし,個々ではどうでしたか。皆さんに質問します。今日の避難訓練では,真剣に恐れることができましたか。冷静に考えながら避難できましたか。‥一人一人がこの問い掛けに「はい」と答えられたなら,今日の訓練は成功だと思います。そして,その行動は,日頃の生活態度から滲み出てきます。日頃から,どんな場合でも落ち着いて自分で考えて行動ができる人になってほしいと思います。以上です。

2019年6月13日(木)
捨てればごみ,分ければ資源

6月13日(木)2時間目に,新潟市環境部廃棄物対策課清掃事務所より6名の皆様(長谷川様,石田様,伊藤様,三冨様,中村様,宮原様)からご来校いただき,4年生を対象に,ごみに関する授業をしていただきました。ゲストティーチャーの皆様から教えていただいた数字は,どれも驚くことばかり。新潟市のごみ集積場の数‥15,500カ所 新潟市の家庭から出る1日のごみの量‥379トン(アフリカ象雄1頭が約5トンで約76頭分!)ごみ処理にかかる時間とお金は膨大であり,埋め立て処理にも限界があるとのこと。だからこそ,分別が必要なのですね。分別クイズでは子どもたちから多くの手が上がり,歓声が上がりました。ごみ収集車の内側を大きく開き,見せていただきました。その後の質問タイムでは,子どもたちから多くの質問が出されました。お仕事に従事されている専門の方から,本物のお話を伺うと大変勉強になりますね。新潟市環境部廃棄物対策課清掃事務所の皆様,本日は本当にありがとうございました。

2019年6月12日(水)
みんなで考えた農業の未来,両川の未来

6月12日(水)5時間目に,5年生で小・中合同研究授業を行いました。今年度の授業研究のスタートとなる大事な授業でした。学級担任の徳永卓教諭が選んだ題材は「スマート農業」です。ドラマ「下町ロケット」でも話題になったり,内閣府が発表した「Society 5.0(ソサエティ5.0)」でも「未来の農業」として紹介されたりしている最新の題材です。この題材を地域と関連付けながら,子どもたちが当事者意識をもって思考・判断・表現していくという1時間でした。小・中の教職員が全員で授業を参観し,その後,授業についての協議会を90分間行いました。最後には,新潟市総合教育センター指導主事 大矢和憲様よりご指導をいただいたのですが,90分間で先生方が口々に語ったのが「主体的に取り組む子どもたちが素晴らしい!」「積極的に手を挙げる姿が立派でした!」という言葉でした。手前味噌ですが,私も同感です。子どもたち,本当によく頑張りました!自信をもってこれからも取り組んでいきましょう。新潟市総合教育センター指導主事 大矢和憲様,示唆に富むご指導をありがとうございました!‥なお,授業の詳細は,学校だよりでお知らせします。いましばらくお待ちください。

2019年6月11日(火)
物語の世界にみんなで浸る

6月11日(火)朝の会で,読み聞かせボランティアの矢部さん,佐々木さん,小出さんからご来校いただき,1年生を対象に「おはなしの時間」を開催しました。本日は2冊『でんしゃにのって』と『はらぺこあおむし』を読んでいただきました。どちらも大変魅力ある絵本で,矢部さんの優しい語りによって物語の世界にみんなで浸りました。特に,大型版で読んでいただいた『はらぺこあおむし』では,1年生から歌声が出る程の楽しい雰囲気となり,見ていて本当に微笑ましかったです。次回は2年生で,1週間後に予定されています。保護者の皆様もよかったらおいでください。我が子に読み聞かせをするヒントが得られるかもしれません。読み聞かせボランティアの皆様,ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

2019年6月10日(月)
心に残ったリトルファイアスクール

6月10日(月)午前中,江南消防署 消防士 白井様よりご来校いただき,4年生を対象に「リトルファイアスクール」を開催しました。2時間たっぷり消防に関するお話を伺ったり,水消火器による消火体験をしたりしました。白井様からは,消防署の仕組み(特に指令系統),消防士としての日々の業務,県を超えた広域での助け合い活動,学校における消防設備,火事に遭遇した際の行動など,教科書では学べない多くのことを教えていただきました。さらに,ご自身が体験された東日本大震災での救助活動も織り交ぜながら,消防士をそもそも志した理由や,仕事に対する誇りについても,白井様は熱く語ってくださいました。4年生のみなさんは,これからの長い人生を考える上で大きなヒントをいただきましたね。白井様,本当にありがとうございました。

2019年6月8日(土)
割野こども園運動会で考えたこと

6月8日(土)午前中,割野こども園運動会が両川小学校体育館で開催されました。私は,来賓として招待され,半日間,運動会の様子を見させていただきました。観覧しながら,次々と思いが浮かびました。@TKGのお遊戯,組み体操の演技等々が可愛いなあ A小学生レースに多くの人が参加して大変生き生きと躍動しているなあ Bずっと裏方でお手伝いをしている小学生(残念ながら他校生‥)は偉いなあ C人間というのは小さい頃から段階的に成長していくものだなあ D大人がどれだけ手を掛けるのかも段階的なのだなあ ‥CとDについては,当然わかっていたことですが,実感を伴って強く思いました。成長は喜びですね。両川小学校のみなさんにも,さらにどんどん成長していってほしいです。

2019年6月7日(金)
市之瀬幼稚園 研究保育を参観

6月7日(金)午前中,当校近くにある市之瀬幼稚園の研究保育に参加してきました。年長の園児たちは,保育室で,前日の活動を写真で振り返り,今日はどうしようかと見通しをもってから砂場へと向かいました。砂場では,一人一人が思い思いの動きをしていましたが,動きの中で,全体としてどうしていきたいのかを話し合い,イメージが緩やかに共有されました。それなのに,「トンネルを掘りたい」と主張する園児と「とにかく水を通したい」と主張する園児が対立。しかしながら,ケンカにはならず,どちらの思いも満たすためのアイディアが話し合われました。結果,雨樋を上手く使うことで,両方が満たされる第3の案が出され,それに向かって全員が協力し始めたところでタイムアップとなりました。幼稚園の砂場での話ですが,実は,何にでも当てはまるなあと私は感心して見ていました。話し合うことで,緩やかな合意を図ること。意見が対立しても互いに尊重し合い,知恵を出し合い,第3の案を創出すること。折り合いがついたら皆で一致団結して事に当たること。まさに社会の仕組みそのものです。来週には5年生で,社会科の研究授業が行われます。互いを尊重し合い,意見を述べ合い,最終的な合意を得ることができるか。いまから楽しみにしています。

2019年6月6日(木)
夏だ!プールだ!清掃だ!

6月6日(木)午後から,5年生と6年生が合同で,プール清掃を行いました。あちこちにこびりついた1年間の汚れを,子どもたちは積極的にデッキブラシやスポンジでゴシゴシこすり落とし,ピカピカのプールによみがえらせていました。薄曇りの丁度いい気候の中,楽しげに活動する子どもたちの歓声がプールに響いていました。夏本番まであとわずか。きれいになったプールで思い切り泳げる日も間近です。今年はそれぞれ何メートルを目標としますか。楽しみです。

2019年6月1日(土)
運動会の講評(校長)

熱い戦いが終わりました。優勝した白組の皆さん,おめでとう!勝負に勝って嬉しい思い,勝負に負けて悔しい思い,皆さんはそれぞれいろいろな思いをもっていることでしょう。一人一人の思いが強ければ強い程,校長先生は嬉しい。なぜならば,すごく嬉しい!すごく悔しい!という強い気持ちは,運動会に本気で挑んだことの裏返しだからです。その嬉しさ,悔しさ,涙を否定せずに,一人一人がまず,自分の気持ちをしっかりと受け止めてください。ところで,5月の全校朝会で,校長先生が話したことを覚えていますか?あのとき,私は「しかたなくやる」「誰かにやらされる」のでなく,「やりたいからやる」「自分から進んでやる」でいこう!と呼び掛けました。今日一日を振り返って,「自分から進んでやった!」「全力でやった!」と自信をもって言えますか?(ハイ!!)その声を聞くことができて,大変嬉しいです。みなさん一人一人が,全員が,勝者です!自信をもってください!そしてその自信を,火曜日からの学校生活につなげていってください!今日一日,本当にお疲れ様でした。保護者の皆様,地域の皆様,最後まで子どもたちの頑張りに,力強い声援を送ってくださり本当にありがとうございました。また,江南宣隊ユメレンジャーの皆様からは,運動会に楽しく美しい花を添えていただき,誠にありがとうございました。これからも,両川小学校の子どもたちの活躍に,変わらぬご支援をお願いいたします。みんなで精一杯取り組んだ令和初の運動会,大成功を喜び,閉会の挨拶といたします。‥もっともっと伝えたいことがあります。続きは「学校だより」で。いましばらくお待ちください。

2019年5月31日(金)
最後の全校応援練習

5月31日(金)明日の運動会に向けて,最後の全校応援練習が行われました。きびきびとした動き,天に向かって真っ直ぐに伸びた腕,大きく元気な声。かっこいい艶姿でした。新潟地方気象台午前5時発表の天気予報によれば明日は「南東の風 日中 西の風 晴れ 朝晩 くもり 降水確率0% 最高気温25℃」だそうです。絶好の運動会日和になりそうですね。地域や保護者の皆様が見守る最高の舞台で,一人一人が精一杯,自分の目標に向かって持てる力を発揮してください。元気な笑顔,全力で挑む姿を期待します!地域の皆様,保護者の皆様,明日はよろしくお願いします。

2019年5月30日(木)
元気と笑顔にあふれた運動会予行

5月30日(木)明後日の運動会に向けて,全校で運動会予行を行いました。カラッと晴れた青空の下,開会式と閉会式を通しで行いました。1年生の開会宣言は初々しく,ほほえましく,両応援団長の選手宣誓は勇ましく,凜々しく,どちらも立派な姿でした。その後の全校ダンス「やってみよう」では,はつらつと元気に踊る子どもたちの姿があり,見ているこちらまで元気をもらいました。また,その後の応援練習ではリーダーたちのきびきびとした動きと指示がよく通り,子どもたちは口を大きく開け,精一杯の声を出していました。スローガン「元気と笑顔 令和に残る初勝利!」が達成できる勢いで,明後日の当日がとても楽しみです。頑張れ!両川の子どもたち!

2019年5月24日(金)
キリッと両川!初めての全体練習

5月24日(金)1週間後の運動会に向けて,今日初めて,全校で全体練習を行いました。五月晴れのグラウンドで,開・閉会式の練習,全校ダンスの練習,応援練習と,順序立てて進めました。暑い中でしたが,途中で給水タイムを設け,最後までいい緊張感を保ち続けることができました。応援練習では,エール交換や応援歌の披露など,擬似的に競い合いました。今日の結果は,赤軍が優勢でした。教頭先生から「口を大きく開けて大声を出しているか?」「空に突き上げた手は肘を曲げずに真っ直ぐか?」という評価の観点が示されました。次の練習で生かせるといいですね。期待しています。

2019年5月23日(木)
キリッと両川!初めての全校応援練習

本日2回目の更新です。5月23日(木)お昼休みに,赤白両軍そろっての初めての応援練習が行われました。赤軍,白軍共に,前に立つ応援団がキリッと指示を出し,全校児童がキリッと応える姿がありました。指示に対して「ハイ!」と答える返事,説明に深くうなずく姿,見ていて気持ちよかった!応援歌やエールの声量も大きく,精一杯取り組む一人一人の表情がかっこよかった!明日はグラウンドでの練習となりますが,今日の緊張感を忘れずに,今日以上にキリッとかっこよくキメてください。期待しています。

2019年5月23日(木)
お米がつくった絆

5月23日(木)3時間目,6年生の教室に,就労継続支援施設「スワン」さん(花ノ牧)より,相沢さん,森田さん,竹内さん,茂木さんの4名がいらっしゃいました。昨年度,6年生からもらったお米(学校田で6年生が丹精込めて育てたもの)のお礼を,どうしても直接伝えたい!という思いからの訪問でした。お一人お一人から温かいお礼の言葉が伝えられましたが,中でも相沢さんの言葉が心に残りました。「みなさんからいただいたお米は,普通のお米ではなかった。体中にパワーがあふれてくるお米だった。お世辞でも何でもない。本当においしかったし,心から嬉しかった。みなさん,本当にありがとう!」この言葉のお返しに,6年生は運動会で踊る全校ダンス「やってみよう!」を披露しました。生き生きと楽しそうに踊る6年生の姿を,4名の方々も笑顔で見つめていました。お米をきっかけとした愛情の交流に,深く感動しました。素晴らしい時間でした。

2019年5月22日(水)
子どもの命を守る研修会

5月22日(水)15時30分から約1時間,子どもの命を守る研修会を開催しました。江南消防署より救急救命士の藤田様,高野様が講師としておいでくださいました。重要な救命救急法である心臓マッサージのやり方や,AEDの使い方などについて,動画と模擬器を使って丁寧に説明を受け,全職員で体験しました。また,アナフィラキシーショック発生時のエピペンの打ち方についても体験しました。全職員が過去に何度か体験済みでしたが,緊迫感の漂う中,皆真剣に取り組みました。いざというとき,子どもの命を守ることを最優先に,今日の体験を生かしてまいります。藤田様,高野様,ありがとうございました。

2019年5月21日(火)
紅白の応援練習本格化!

5月21日(火)今朝から紅白に分かれた応援練習がスタートしました。赤軍応援団長 佐久間心晴さん,白軍応援団長 遠藤真心さんをトップリーダーとして,両軍とも生き生きと応援練習に取り組んでいました。応援歌にエールに三三七拍子と,声を出したり,身振り手振りをしたり,難しいことも多いと思います。今後さらにウェーブも入るとか‥。困難を乗り越え,みんなで心を一つにして,力強く,美しい応援になることを期待しています!頑張れ,リーダー!頑張れ,みんな!

2019年5月15日(水)
小中合同避難訓練終わる

5月15日(水)今年度初めての,しかも,小中合同での避難訓練でした。小学校理科室から出火したという想定で行いました。「避難開始!」から玄関前に全員が整列,点呼し,私に報告が完了するまで3分10秒でした。その間,殆どの子どもたちがハンカチで口をふさぎ,真剣な表情を崩さぬままでした。その後,中学校体育館に2次避難し,地区ごとに集合し直しました。中学生のお兄さん,お姉さんの指示をしっかり聞き,速やかに整列する姿が素晴らしかったです。江南消防署の白井様からは「先生の指示をよく聞いて行動することが重要。火災では煙が一番怖い」というお話がありました。私は「どんなときでも慌てず,落ち着いてじっくりと考え,適切な行動をとってほしい。そして,その態度は,日頃の生活態度から滲み出てきます」と付け加えました。白井様をはじめとした江南消防署の皆様,ありがとうございました。

2019年5月13日(月)
5年生総合での田植え活動

5月13日(月)五月晴れの中,小出さんの田んぼで5年生23名が田植えをしました。JAの青年部の皆様が大勢見守る中,子どもたちはみな笑顔で,泥んこになりながら,苗を植えました。担任の先生をはじめとして,田んぼの中におしりをついた人が何人もいましたが,みな嬉しそうでした。今日植えた苗が,4ヶ月後には黄金色の稲穂に育つそうです。収穫の秋がとても楽しみです。小出様,JA青年部の皆様,ありがとうございました。

2019年5月10日(金)
不審者への緊急対応

5月9日(木),10日(金)と,教職員で先導して集団下校をしました。8日(水)20時頃東区で発生した女子高校生に刃物を突きつける事件と,9日(木)15時半頃に両川小学校区内で発生した不審者が児童を追いかける事件を受けての緊急措置です。スクールサポーターの畑野正明さんも駆けつけ,児童の下校に付き添ってくださいました。直接お迎えに来られた保護者もいらっしゃいました。皆様に心から感謝いたします。緊急メールでも配信した通り,下校後の行動についても,各ご家庭でしっかりとご指導ください。一人一人がかけがえのない大切な子どもたちです。

2019年5月9日(木)
運動会結団式

5月9日(木)は,運動会の結団式が開かれました。12名の応援団一人一人がやる気に満ちあふれ,大きな声で決意を表明しました。「大きな声で応援歌を歌いたい」「熱い気持ちでみんなを引っ張りたい」「目標とされる応援団になりたい」その気持ちを忘れずに,みんなで素晴らしい運動会にしましょう!

2019年4月26日(金)
授業参観・PTA総会

4月26日(金)は,今年度初めての授業参観とPTA総会でした。多くの保護者の皆様からおいでいただきました。授業の様子,子どもたちの姿,いかがでしたか。PTA総会では,今年度の会長から昨年度の会長に感謝状が贈られました。佐久間ご兄弟に感謝いたします。

2019年4月22日(月)
梨の花粉付け

4月22日(月)は,4年生が梨の花粉付けを行いました。今年も梨農家の岩崎さんにお世話になりました。大変ありがとうございました。春らしい晴天の中,子どもたちの生き生きした姿が見られました。秋が楽しみです。

2019年4月21日(日)
花絵プロジェクト

4月21日(日)は,青少年育成協議会主催の花絵プロジェクトが行われました。6年生の遠藤真心さんの原画に基づき,チューリップのお花を大勢の子どもたちで摘み,花絵に仕立て上げました。酒屋町商店街に設置された花絵はとても鮮やかで,街の人たちは笑顔で眺めていました。

2019年4月10日(水)
縦割り清掃開始

4月10日(水)から縦割り清掃が始まりました。昨年度末の旧班でしたが,皆で協力して,黙々と,心を込めて,校舎を磨く姿がありました。美しい心の姿を見た思いがしました。

2019年4月8日(月)
入学式

4月8日(月)は,入学式でした。上級生が中心となって,1年生のために式場や教室を美しく整えました。とても頼もしく,優しさにあふれた姿でした。16名の新入生は安心して,新しいスタートをきることができました。

2019年4月5日(金)
着任式・始業式

4月5日(金)は,着任式と始業式でした。全校児童を代表して6年生池田唯乃羽さんが「歓迎の言葉」を贈りました。とても温かい言葉で,新任職員は感動に包まれました。その後,生活指導主任から4月に目指してほしい姿が語られ,全校で共有しました。

更新 2019年8月1日
学校だより
月別学校行事予定
 保健だより 
インフルエンザ等の
出席停止用紙
ダウンロード
給食だより
〜今日の献立〜
 図書館だより
 地域教育
コーディネーター
 健康・安全に係る配付文書
昨年度の
w e b 日 記
 
 新潟市教育委員会からのお知らせ